第1候補

2012-01-30 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。

商店街裏の長屋は、ミヤザキさんも言われているように、昭和の雰囲気たっぷりでおばあちゃんの家に遊びにいったような不思議な感覚でした。京都の町屋をリノベーションして利用しているようなイメージで、昭和の趣を残したギャラリー+住宅をつくるというイメージはできました。しかし・・・。趣ある長屋を物件の選択基準として入れていたものの、本当にいいのか?という疑問がずっと付いて回っておりました。もともと身内の方が所有している長屋を住み継ぐということでなく、あえて長屋を選ぶということに。

このあとも、さまざまな物件見学と、物件資料のピックアップ、メールでのやり取りを並行して続けていました。

タカヤマからミヤザキさんへのメール
「ミヤザキ様。おはようございます。添付の物件良さそうです。」

物件資料によりますと、間取りはシンプル、木造2階建て、長屋でない1軒家、場所は希望エリアで敷地もそこそこ広い、価格もOK。ストリートビューで確認すると、道路が広く、向いの建物は公共建築、なによりも引かれたのが外観がすごくシンプルで状態が良さそう。

完全に舞い上がってしまいました。どれを取ってもミヤザキさんの要望を満たしている。リフォームもやりやすそう。私の中での第1候補の物件。

「これしかない!」。


物件見学2

2012-01-29 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです

物件巡り

今回は二件

1つは商店街裏の長屋、もうひとつは標準的というのかありそうな感じの1戸建

後者の方はオーソドックスな感じかな、ぱっと見た感じで惹かれるものはなかった
何とも言えない気持ち、
見に行く前にいろいろと期待してしまうのが良くないですね~
何かを期待しているわけではないけどやぱりどこかで変な期待感持ちながら行っちゃいますね~

二件目の商店街裏の長屋
入った瞬間に、田舎のおばあちゃんの家に行った時のなつかしい匂いが~、なんだろ~この匂い
ほっこりします。玄関も広く、ショールーム、お店するなら場所はいい、町の家具屋のようにできるんじゃない
か。

今の所この商店街裏の長屋がいいのではないかと思いました。



私なりのルール

2012-01-28 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。

昭和初期の物件は、売り土地として出しているのに、何故内覧するのと売主さんには嫌な顔されましたが丁寧に説明すれば、分って頂けましたね。建物の老朽化が激しく、リフォームするのにはかなり費用がかかりそうでしたので見送ることになりましたが、中も外も雰囲気がありましたし、隣地2面が公園というすごくいい環境でしたので残念でした。

鉄骨の物件に関して言えば、連棟でしたので将来切り離しとなると大変だな。建物自体もそれなりの築年数だし、広さはOKだが、これといった特徴が無いのでスルー。といったところでしょうか。

2回目の見学までのメールでのやり取りの途中に出てきた、1階がお米屋さんだった物件もいい味を出していました。物件の価格は射程圏内でしたが、建物の老朽化と両サイドの隣家の状況から建物に費用がかかりそうという印象でした。昭和初期の物件に続く魅力的な物件でしたが、残念ながら商談中ということでした。

この時点で物件をピックアップするのに決めていた私なりのルール
・長屋、民家など古く雰囲気がありそうな物件
・古い雰囲気がない場合はシンプルで間取り変更しやすそうな物件
・土地の広さは15坪以上
・鉄骨の連棟は避ける

次の見学は商店街裏の長屋と私が小中時代に過した懐かしのエリアの物件を見学することになりました。


物件見学

2012-01-28 - 家具作家・ミヤザキ




売主さんに建物の状況を説明していただいたり物件資料を見ながら物件見学。
え~っと驚かされる昭和初期の古い物件から、これならこのまま住めるのではと思われる
比較的にきれいな物件など。

古い建物に関してはどこまで耐震補強しなければいけないのか
さっぱりだな~
でも伝わるのは外観いい雰囲気だ~この土間いいな~ぶっとい梁だな~
お隣が公園は開放的でいいな~

どれも生活に必要な広さは十分

タカヤマサン、クヤマサンに建物の状況を見ていただき
耐震補強を含むリフォームの規模などを聞きながら進む

鉄骨の物件はやめておいた方がよいのかなとのアドバイス!!

楽しい物件見学、物件とリフォームにかける予算のバランスを考えられる
物件見学でした。



2回目の見学に向けて

2012-01-27 - 設計・タカヤマ

「楽しかったです。4件見ていろいろ検討したのですが、物件費用をもう少し下げてできるっだけごっそり改装していきたいとおもいます。」とミヤザキさんからメールを頂き、第2回目に向けて準備をはじめました。

気になる物件資料をお互いに提示し、意見や感想をメールでやり取りする。そしてミヤザキさんが見学したいと思う物件をピックアップする。そんなやり取りを水面下で繰り広げ、見学希望の物件をクヤマ氏に連絡をするという方法を取りました。

2回目の物件見学まで少し時間が空くのですが、この間すごい量の資料とメールのやり取りをさせて頂きました。


手探りの物件探し

2012-01-25 - 設計・タカヤマ

お互いの共通認識を話し合ったものの、実際そんな都合のよい物件に出会えるのだろうか。

中古住宅なので、傷み具合、増改築の跡、前の住人の生活の痕跡など、どれも同じものはないだろう。表面は奇麗に見えても、構造がやばそうだったり、またその逆もあるだろう。将来、建て替えや更なるリフォームを考えるなら、敷地のことや近隣の事等も少し検討しておかなければいけないだろう。

さまざまなことを想定しながら、希望のエリアの気になる物件をピックアップしていきました。

まずはじめに敷地も建物もそれなりの広さの物件。

この場合、物件にかかる費用が大きいことから、耐震補強+リフォームは総予算からすると無理そう。築年数が浅く耐震補強を施さなくても良さそうな物件を選び、大きな間取り変更をせず、仕上げのみリニューアルする。

そんな方向性かな。

というように、物件の価格や状態によって計画内容を補正しながら最終形をイメージし、楽しい生活像が描けるかどうかを選定の基準といたしました。

希望のエリアにどのような物件があるのか?自分たちのイメージに合致する物件があるのか?

不安も多く、手探りの状態でしたが、こんなかたちで第1回目の物件見学をいたしました。

物件探し

2012-01-25 - 家具作家・ミヤザキ

タカヤマさんと再びお会いしてから
改めて予算を見直し、
物件、リフォーム代、諸費用、トータルでこれだけと決めて
タカヤマさんとクヤマさんとミヤザキ家で中古物件探しがスタート

いいと思う物件があれば毎週毎週
恒例のように物件探しをしていたような気がします。






家と仕事

2012-01-22 - 家具作家・ミヤザキ

僕は家具を作っている仕事をしています。
オーダー家具、オリジナル家具を販売していく上で
その家具を手に取り見ていただき、触って
色目、質感を感じていただける場所がほしい
家具、小物を見せることで
よりお客さんにも伝わりやすいし
モノを売るにあたって現物は見て触ってもらいたいし

自分の生活空間の中で自分の家具が見せられるような家もありか~。

でもショールームつくるとなるとスペース的に駐車場の
問題もでてくるな~広さを考えるとあれもこれも
とは行かなくなるだろう~う~ん
いずれは欲しいショールーム、ショップ  



タカヤマさんとクヤマさんに相談しながら
まずは再び物件探しから
気に入った物件をネットでピックアップしながら
クヤマさんにも探していただき物件探しです。

今後について考える

2012-01-20 - 家具作家・ミヤザキ

6月の打ち合わせから9月のメールが来るまで
どう進めていこうか考える

人生でおそらく1回である家の購入
予算ありきのなかで考えるわけで
自分たちの中でどこまで予算を出せることができるのか
そこから自分たちの10年後20年後の生活スタイルも考えながら
中古物件を購入してリフォームで今やるべき事を考えないといけないな~

やりたいことはたくさんあるし。こんな家に住みたいという
夢もたくさんあるし。言い出したらきりがありません(笑)

現実逃避してネットで買えもしない1億円くらいの中古物件見て妄想を膨らまし脱線しては嫁に突っ込まれたり。

どうしようか
とりあえず自分たちでできる事やって予算削減やね~。
という所は嫁と確認しながらリフォームについて考える

物件をまず決めないといけないのですが
なかな物件探しになかなか動き出せず。
今まで物件見てきてどう判断していいのかがわからず・・・

仕切り直し

2012-01-20 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。

前回の打合せから2か月ほど経った9月のある日、ミヤザキさんの家づくりの事がふと気になって、建築相談会やイベントなどのご案内を兼ねたメールを入れさせていただきました。それをきっかけにメールでのやり取りが再開し、10月末に仕切り直しということで再度お会いいたしました。

この時には、ミヤザキさんも住み方の事や資金的なこともかなり検討してくださっておりました。

「中古物件を購入し、耐震補強+リフォームをする。タカヤマは必要最小限のガワを設計し、ミヤザキさんは中身を住みながら製作し、成長させていく。そしてそれが、ミヤザキさんの実生活を兼ねた家具のショールームのようになれば。自分たちができることは自分たちですることにより、ローコストに努める。」

そんな事を念頭に、クヤマさんにも声をかけ、本格的に家づくり(中古物件探し)をスタートすることとなりました。



住み方2

2012-01-19 - 設計・タカヤマ

家が完成したときはどのような住み方をしているのだろう?

現在の仕事場とは別に、家は完全な住むだけのプライベート空間?
小さなショップが併設させれた家?
ショールーム的な使い方ができる住宅?

敷地の場所や建物の規模、予算といったスペック的なことも大切な要素ではあるのですが、それ以上にこれらのことを時間をかけてお聞きしていたように思います。

「がらんどうの空間に、自分自身でデザイン、製作した家具に囲まれて生活する。ショップはなくてもいいが、それらの家具がリアルな生活空間の中に少しだけ演出されて配置され、友人やお客さんに生活に溶け込んだ家具を見てもらい、その使い勝手を体感してもらう。そんな空間体験ができるショールームのようなギャラリーのような、プライベート住宅であるけれども、もう少し枠を広げた住宅。」

物件見学した時にもこのような住み方がイメージできるかどうかを判断基準とし、コンセプトと言えば大げさだけれども、道しるべとして、お互いの共通認識として持っておく方が、照準を絞りやすいのではないだろうか。

そんなこんなで、まだ見ぬ将来の夢をたくさん聞き出そうとしておりました。


・・・ただ、もうこの次は無いんだろうな・・・。と思いながら。


住み方

2012-01-18 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。

はじめての打ち合わせ。

「家が完成した後、ミヤザキさんはどの様な住み方をしていますか?」

そんなお話をさせて頂きました。



打ち合わせ

2012-01-18 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです

初日の打ち合わせ

話は前後しますが
久山さんにお会いする前に一度タカヤマさんと一度
お会いしたそのときのうちあわせです。

メールでのやり取りを
もう一度確認しながらお話し
今やられている長屋のリフォームのお話や
リフォームの大体の予算など具体的なお話を
聞かせていただきました。

正直この時点でタカヤマさんにお願いするのは無理だな~
と思いました。予算も少なく無茶言っているのも
お話を聞いて半分納得!


この時点でまた家に持ち帰ってこれからのこと考えないといけないな
帰りにまた嫁さんとこれからどうしようか~と言いながら家族会議

また不動産屋に頼んでもまた同じだしそれなら他に何があるのかなぁ
と思いながら宮崎家の一時物件探しが中断

その間物件予算やリフォーム費用を考え直し

そこから9月位でしょうか、タカヤマさんの一通のメールから
再びメールのやり取りがはじまりもう一度打ち合わせすることになりました。

そこで話が前後しましたが

そこから久山さんとタカヤマさんと打ち合わせが始まりました。

思い出しながらのお話で話は前後しますが、気長に読んでください。

顔合わせ、打ち合わせ

2012-01-15 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです

今日はタカヤマさんと直接お会いする日
もしかしたらいろいろお話聞いていただき
この話に乗ってくれるのではないかな?
ちょっと期待しながら
家族三人自転車ででタカヤマさんの事務所に向かいました。

コンクリートの打ちっぱなし
半地下になっており天井が高く
広さ以上にゆったりした感じです。
玄関横の事務所ガラスがぼやっと外がみえるくらいのガラス
僕らの座った場所から
半地下からガラス越しに見える外がいい感じ。

建築事務所のイメージで、膨大な量の
資料が本棚に並んでいるんではと思っていたら
全然必要最低限なんだろうなと思われる資料が
並んでいました。


タカヤマさんと建築家不動産クヤマさんと
挨拶を交わし
思ってることとりあえず全部伝えないと!と強く思いながら
打ち合わせがスタート

土地探し・物件探し

2012-01-14 - 設計・タカヤマ

120113_2mobetaka.jpg


タカヤマ建築事務所では土地探しや物件探しからのご相談が多いこともあって、土地探しや物件探しなど計画の初期の段階から家づくりをサポート出来る体制を整えたいと常々考えていた折、クヤマさんからお誘いいただき、建築家不動産に参加させて頂くこととなりました。(今までも、知り合いの不動産屋さんと連携させて頂いておりましたが、より強力なサポート体制を整えることができました。)

建築家不動産のお話しは後日クヤマさんにお譲りするといたしまして。

メールでのやり取りで、不安な面も多々あるとはいえ、タカヤマ事務所でこの建築家不動産を使った本格的な中古物件探しの第1号目となるかもしれない。そんな期待をしつつ、はじめての打ち合わせに臨みました。


お会いするまで

2012-01-13 - 家具作家・ミヤザキ

タカヤマさんのHPでリフォームもやられているまた物件探しも
お手伝いしてくださる
物件も一緒に探してくださるなら素人だけで見るより
リフォームの規模、構造、傷み具合、耐震いろいろとみていただけるし
より前にすすむのではないかと考えながら

しかしリフォームで予算もありきのこの話まずどうなのか?
自分が家具を作っているにしても家具以外の
できるところの線引きもあるし
タカヤマさんのデザイン壊すような家具作れないし
あいまいな感じになるかもしれないな~
まぁ厳しいなら厳しいダメならダメでもいろいろとお話できる方が
今後のためにもなるし

気になる建物の事務所の中も見てみたいな~という好奇心もありので

一度聞いてみようと思い
考えていることをかなりざっくりしたことをメールで伝えると
とりあえずお会いしてお話をという話になり

にお伺いすることになり。
事務所を拝見できるのもとても楽しみでした!





よろしくお願いします

2012-01-12 - 設計・タカヤマ

2011年6月にミヤザキさんからご相談のメールをいただきましたタカヤマです。

内容は

・中古住宅を探していて、見てまわっているということ。
・購入前に物件を見てもらい、耐震とリフォームについてアドバイスほしいということ。
・仕事で家具を作っているので空間や間取りをタカヤマにお願いし、そこから必要な家具などを造っていこうと思っているということ。
・ローコストであるということ。

でした。

その後のメールでのやり取りで

・建物の規模は15坪以上
・駐車場
・LDKと寝室1つ。
・将来的に子ども部屋2つ。
・夫婦の寝室は子ども部屋が必要になったときにLDKが寝室になるような形でもよい
・出来るだけLDKが中心で生活できる空間
・開放的な感じで、子どもが大きくなった時ある程度一人になれるような部屋があれば
・総予算〇〇〇〇万円、そのうち物件に〇〇〇〇万円、建物の耐震補強+リフォームに600万円

で考えられているという。

ちょうどそのころ計画していました約26坪の中古住宅の耐震補強+リフォームの計画が4人家族の設定
4人家族で15坪前後の家って本当にいいのだろうか?
今は子供が小さいからいいけれど、どんどん体も大きくなって、将来手狭にならないだろうか?いや、なるに違いない。

もし仮に話の成り行きで25坪前後必要となれば、計画中の中古住宅の半値以下の予算でしなければならないことになる。家具を製作されていて自分で出来ることがあるとはいえ、どこまでできるのだろうか?

この時点でコレといった具体的な物件があっての話ではなさそうなので、そもそもこの話、成立するのだろうか?

考えれば考える程、分らないことだらけでしたので、とりあえずお会いしてお話することにさせて頂きました。

はじめまして

2012-01-11 - 家具作家・ミヤザキ

はじめまして

このプロジェクトの施主であり
mobelhandlerのミヤザキです。
これから家の完成するまで
もしかしたら家が完成しても続くかもしれない?
日々を様々な人がそれぞれの角度から記録として綴っていく

「mobelhandler + タカヤマ建築事務所 家づくり記録」

をよろしくお願いします。

初めにタカヤマさんとの出会い以前の家探しのことです。

家を探し始めてかれこれ1年半くらいになるでしょうか。

最初は近所の不動産屋さんに中古物件を探してもらい
自分達でリフォームし住んで行こうと考えて動き出しました
希望の金額1000万位で自分でリフォームできるだろうと思う物件を探していたのですが
ピンとくるような物件もなく・・・
何度と見学に行ってもう~んう~んと頭をひねってちょっとちがうかなとおうものでした。

ただ単によさそうな物件を見に行ってなんとなくチェックしていいかな
と思うだけであまり具体的に進みませんでした。

阪神淡路大震災、東北の地震のこともあり耐震に関してはしっかりしたいと考えており

この際大規模なリフォームと耐震のことなど考えたら専門の方にお願いした方がいいのか
と考え始めました。

そこでどんな方にお願いしようかと次に業者さん探しを始めました。
その中でいくつか思いつくところがありました。

そんな中で僕が家から通勤していると途中に建築家さんのひと際目立つ建物がありました。
(目立つといっても派手ではないです)
とてもいい雰囲気が外からも感じられる家でまずはこの方に相談してみようと思い相談したのが
タカヤマさんであり去年の6月でした。

そこからタカヤマさんと物件探しがスタートしました。

つづく

このサイトについて


mobetaka
タカヤマ建築事務所と家具作家の宮崎学による住宅と家具製作の活動記録