敷地

2012-03-28 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。
敷地

これが土地Aです。はじめて見た印象は、ミヤザキさんが言われています通り「細っ!」。

それに付け加え、「安っ。駅近っ。場所OK。ここ何もなければ掘り出し物かも!。」でした。

細いと言ってもお隣さんが許してくれるなら3mぐらいの間口の建物は建築可能ですし、その間口なら過去に設計させて頂いた+plusで経験済。最小間口としては実現には至っていませんが、2.7mというのも。なので、構造を抜きにすれば、建物は建つ。

ただ今回は、コスト的なことから鉄骨でなく木造でいきたい。木造でいった場合筋かいが間取りにどう影響してくるのか。

敷地購入の意志表示をする前に、ザックリと間取りを描き、構造事務所と打ち合わせ。

間口が狭い分、筋かいが部屋内に出てはくるものの木造でも何とかなりそうという結論。

この時点での私の中での不安要素はひとまずクリア。

色々難題が多い分、面白い計画になっていきそうな予感。

この敷地イイ!!ミヤザキさんと一緒にオモロイこと考えよっ!!。


土地決めました。

2012-03-25 - 家具作家・ミヤザキ


ミヤザキです。

土地A、土地Bどっちにしようか、悩みに悩んだ末

土地Aに決めた!

広さをとってAかな

間口はとても狭いが奥行きは結構あるこの土地、
ぱっと見た瞬間から「ほそっ!」っていうのが印象、

隣に二軒家が建っているのですが見比べるとお隣の二軒「でかっ!」

この二軒とってこれが余った土地かぁ~こんな切り取り方して
よく売ってるな~。と思う土地

でもなんかちらちら敷地の前を通り何度も見ていたら
なんとなくどんどん気に入ってきた。

こんな家に住みたいって願望もそんなにあったわけでもなく
こんな広さの家に住みたいって願望もそんなになく。


とりあえず賃貸からは脱出し自分の家をそろそろ買おうから始まった
家探し。

古い長屋買ってできるだけ改装して住めればいいかもぐらい。
楽しい家探しや家作りができこれからの生活が楽しくなる家になればいいとは思っていた。
できれば家具のショールーム的なものは欲しかった。その位だった。

おそらく最初にタカヤマさんに相談した時あまりにも具体性や希望がなさすぎて
困っていたんじゃないかと思ったりもします(笑)
広さや部屋の数など四人家族ならこのくらいやな~
なんとなく標準はこんなものだという感じでじゃあこのくらいで!ってところがあったかもしれません。

でも今は選んだ土地が細長い、この中でいろいろ考えないといけないと思うと
施主としてはどんな感じになるのかとてもワクワクします。




決めたつもりが・・・

2012-03-12 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです。

タカヤマさんに報告と我が家では決めたけど・・・

間取りがどんな感じになるかとても気になり

ラフな間取りを描いていただき

そこから構造のことなど少々聞いて


再び家に持ち帰る。

決めたつもりでいたが周りの人たちがいろいろな意見を言ってくださり

頭がどんどんこんがらがってくる。

到底すべて汲み取ることはできない。

もう最後はシンプルに自分達の条件をもう一度検証して決めよう!











土地A VS 土地B

2012-03-10 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。

土地A VS 土地B
それぞれの土地に、どれくらいの規模の建物が建築可能か。駐車場等の配置、構造など無理なく施工出来そうかなど。ざっくりとした検討をいたしました。

土地A
敷地面積が大きいので建物規模は問題なし。敷地の間口が狭い。

土地B
敷地面積が狭いので建物規模がギリギリ。駐車場の取り方によっては間取りにも影響が出てきそう。

どっちもどっちだけれども、可能性が高いのは土地A。(場所など地理的条件は無視しています。)

建築コストの問題もあるので木造で行きたい。しかしこの間口・・・。木造でいけたとしても、筋かいがプランに影響するのは目に見えている。

鉄骨、木造、鉄骨、木造・・・う~ん。

過去に設計させて頂いたskip house(鉄骨3階建ローコスト住宅)を引っ張り出して検討。どう考えてもこの建物のコストから大幅に下回るのは不可能な気がする。無理。

やっぱり木造。しかし、本当に木造で構造が成立するのだろうか?


決めた!

2012-03-05 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです。

新築で行く方向になり。

土地を探し、僕らの条件に近い土地が二件 AとB


変なシュミレーションなんかしたり検討

どちらも建てる際にはいろいろと問題のありそうな土地であることは素人目にもなんとなくわかる。

二つの土地の一つの土地Aに僕は何かピンときている!

実際どのくらいの建物が建つのか、どんな問題がこれからあるのかはわかりませんが、

どう建てても普通にはならないんだろうな~というのもなんとなくわかる

あんまり冒険はしたくないけど、やっぱり何か面白そうになことになるのはこっちだろうとはと思ってワクワクし

たりもする!

とりあえずタカヤマさんにこの二つの土地の建物の条件をいろいろと聞きたいと思い事務所に行って

いろいろと相談!

聞きたいことを聞いて納得、タカヤマさんもAの方かなとのこと!

どちらにしろ建てるのも厳しい、予算も予算だし無茶なことはできない建てるだけでも大変なんだけど・・・。

再び嫁と相談、主婦目線から行くといろいろと不安なこともいっぱいある、いろいろと話す中で

問題が解消というわけには全然いかない。正直わからないことだらけ。

とりあえず基本、子供が遊んでも安全な家にして

でできる範囲でやるしかないなとの結論。

あとはタカヤマさんと何度も何度もお会いしてお話して僕らの条件を聞いていただき

わかってくださっているので

この土地に決めて後はタカヤマさんと楽しんで家づくりする方向でいこう!


年明けタカヤマさんに報告しよう!



このサイトについて


mobetaka
タカヤマ建築事務所と家具作家の宮崎学による住宅と家具製作の活動記録