2012-05-30 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです。

家を建てるとなって家の雑誌やテレビ、建築の本、手軽なものから本格的なものまで

以前にもまして見るようになってきた。

嫁が図書館で借りてくるものがほとんどですが、

いろいろ見ながらこれいいね~。こんな感じにしたいな~

などといいながら眺めてます。

コレどう?と聞かれてもコレのどこがいいのか、わからないのでぶつぶつ言い合って平行線。

沢山見ていくと相手の好きなものが少しずつわかってくるけど

う~んとなることも多い。

なのでお互い相手を説得しながらいろいろ決めてます

今はキッチンです。


キッチンの本で読みやすくいいなと思ったモノです。

「キッチンをつくる KITCHENING」2007年 

キッチンの作り手としても参考になりました。







実施設計

2012-05-24 - 設計・タカヤマ

タカヤマです。お久し振りです。

実施設計の検討で、事務所にこもっておりました。
設計の方は、意匠、設備がほぼ決まり、構造設計と最終のすり合わせをしているところです。構造の方は、建物の形状が影響してかなり苦戦を強いられてるとのことです。

実施設計も大詰め。そろそろ見積りのことが気になり始めています。



キッチン

2012-05-20 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです。

キッチンについて検討中!

打ち合わせの中で二型かL型かどっちにするか

キッチンスペースが決まっているだけにその中でどうまくスペースを利用できるか形を

考えていかないといけないと二型のキッチン。

この形が作業台の大きさも一番とることができる形、収納も天板下を収納にし吊り戸をつければ

結構な収納が作れると思って二型で行くことにしていました。

天板部をsusでいこうとおもっておりお世話になっている業者に相談。

そこでキッチンの配置についても色々とお話、お話を聞いていると

作業的に一番使いやすいのはI型のキッチン。作業台、シンク、コンロが一列に並んでいるタイプ。

でもこれはスペース的に不可能。

次に使いやすいのはL型、一人で作業する分には最も使いやすいようです。

考えてみれば確かに一人での作業では最も使いやすい。しかしデッドスペースなどもできるので収納力が

下がります。

二型はスペースの使い方でいけばもっともいい形だと思うしスッキリする気がします。

二人で作業するとなると二型は作業がしやすいしL型だと狭い。

僕は二型、嫁はL型もいいかな?と迷う~。

キッチン
検討中の嫁










設備

2012-05-19 - 家具作家・ミヤザキ


ミヤザキです。

まだ結果は出ていませんが先日地盤調査が終わりました。

大体の間取りなどの事もほぼ決まり、僕らが大きな変更をしない限り

今のままで行き細かいところの設計をしていただいております。

何度も打ち合わせする中で我が家でもっとももめた点はトイレの位置でした。

細長い建物、トイレをどこに置くか、お風呂、洗面、洗濯機、をどこに置くか、

間取りを考えると水周りを設置する場所は1か所にまとめて納得していたのですが・・

トイレ問題!トイレを1階に置くことで我が家で大議論!

トイレがどの階にあるべきか!どうなんでしょう~か?生活の中心の階に

トイレがあるのが普通?便利なのは便利、しかし置く所なんかないんじゃないか?

嫁  「トイレの度に子供抱いて1階に毎回降りるのは大変だ!」
僕  「トイレは水周りまとめた1階しかないでしょう、階段の上り下りくらい我慢せなあかんのちゃう?」
嫁  「いやいや何度もシュミレーションしたけど子供連れて階段下りてトイレ行くのは大変やでできる?」
僕  「できるんちやう!そのくらいせなあかんやろ~」

今まで階段上り下りする生活していないだけに上り下りの大変さがピンとこない。
2階の部屋がトイレの分狭くなるなら部屋が広くなる1階がいい。

家族会議ではまったく結論がです!

次の打ち合わせの時に2階のいい具合のトイレ案をスッと出していただき収まる。
二人でワーワー言っていたが納得のトイレ案にお互いのもやもやも解消

今思えばトイレの度に階段の上り下りは大変だったのかもみなさんはどうなんでしょう?
生活の快適さも含め2階でよかったと思う今日です。


こんな桜満開の時期のお話でした
RIMG4066.jpg










地盤調査

2012-05-13 - 家具作家・ミヤザキ

ミヤザキです。

タカヤマさんに声をかけていただき

先日、土地の地盤調査の様子を見に行きました。

この地盤の調査によって構造物の設計が行えるそうです。

スウェーデン式サウンディング調査という方法で

先端が錐のようなもので回転させてどのくらいの負荷で

入っていくかで調査するもののようです。

五か所調査するところの一か所見ていたのですが、

まぁ意外にどんどん入っていくものでびっくりしました。

先端に錐のついた30mmもないくらいの丸棒が10m位

もしかして地盤悪いのか!?結果が出て見なければ分りませんが・・

あんまり悪くない事を願います。


地盤調査
このような機械で

地盤調査2
こんな感じでした。


このサイトについて


mobetaka
タカヤマ建築事務所と家具作家の宮崎学による住宅と家具製作の活動記録